2011 Jul 29

最近のアップル製品って、白っぽいもの多いですよね

会社で使ってるiMacに付属していたキーボードがかなり汚れてきたので、
たまらず雑巾で拭き掃除しても、なかなか汚れ落ちない!落ちにくい!(´Д`)
昔は消しゴムで汚れを消していたのですけど、文字もきえちゃうのでオススメ出来ません...

ということで!

ウワサの「マイクロファイバー」クロスを買ってみましたさーヽ(´ー`)ノ

2011_0729_01.jpg

10枚セット1,000円ぐらいで売っていたので即購入(=ω=)
まー10枚は多いので(笑)親と妹に1枚づつプレゼント

で、で!

マイクロファイバーとは!?なんじゃねーって方向けに引用してきました(・ω・)

マイクロファイバー(microfiber)は化学的に組成された8マイクロメートル以下の極細のナイロンやポリエステルなどの繊維で、木綿と同等以上の吸水性や通気性・保温性を持たせた素材。
繊維断面が鋭角や多角形の形状をなしているため、きわめて細かいチリを繊維表面に取り込む性能を持つ。その機能性を活かして、メガネなどの光学レンズや自動車のボデーやガラスなどの拭取り用クロスにも多用されている。合成繊維の特質で速乾性などの点でもすぐれ、着用感も快適である事からスポーツウェアや下着類、衣料品、寝具にも最近では多く用いられる。ただし繊維の細さから耐久性が低いという欠点がある。

引用:マイクロファイバー - Wikipedia

簡単にまとめると、「通常の布より耐久性は低いけど、超極細繊維の鋭いエッジが汚れをしっかり分解し吸水性や速乾性が高い」ってことらしいです(´・ω・`)

で、これがクロスの表面を撮った写真

2011_0729_02.jpg

よくわかんねえええええ(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻(笑)

パッと見、普通のタオルと変わらないようにみえるんですけどねw

触感はシルバーリングとかを研磨する布っぽい感じかなー
こっちは研磨剤はついてないんですがね

メガネ拭きと一緒の感じかもしれないんですけど...
猫はメガネっ子じゃないので所持している訳でもなく不明ですがね(=ω=)

で、早速会社に持ってきて帰る前に、レッツ拭き拭き掃除(・ω・)ノ

2011_0729_03.jpg

携帯からの写真なので、わかりにくいかもですけど、
洗剤も使わずに水洗いで、ちょっと磨くだけでピカピカスゲーーー!!(;°ロ°)

これ良いなー
とくにキーボードの汚れは結構落としにくいんですよね...
アップル製品は特に白い製品ばっかりなので、よく目立つ目立つ(;´ρ`)

キーボードとかマウスとか周辺機器だけなく、置物、テレビ、ハンドルとか、手で触れるもの全般を掃除するときに強力な武器になりそうかな

アマゾンのレビューだと、

食器拭き → 台拭き・シンク周り → 雑巾

といった感じに、汚れてきたら用途を変えるやり方を取れば長く使えそうー

ホームセンターとかでも売ってますので、興味がある人は試してみてくださいな(・ω・)ノ
値段も安いし! ← ここ重要

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL; http://mtw.cocotte.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/661
このエントリーのリンクURL: http://mtw.cocotte.jp/blog/diary/scribbling/2011/07/29-2046.php

Comment