2010 Nov 04

本職が、web関係メインなので...
前々から気にしていたのですが、なかなか機会がなかったのですが、ちょっと問題になったので、人に聞いたりして覚えたので、忘れずに自分の用のメモに!

えっとー

イラレ上で黒色(K100%)を下地に引いて、グラデの透明フィルタをかけた画像をその上に持って行くと、抜きグラデのかかった部分がグレーになりますよね〜(´Д`;)ヾ

これは、データ上のCMYKアルファチャンネルが、Kの部分しか使われてない為にグレーになってる為に起こります。一度イラレのデータをフォトショファイルに書き出して、フォトショ上で確認したら一目瞭然だと思います!

で、どうやって透明フィルタをかけた部分に色をつけるかというと!

Kだけでなくて、CMYの方にも数値を入力することで解決します。
これを『リッチブラック』といいます。K100%の黒よりも、美しくしっとりした黒を表現できます('Д')b

で、名前からしてなかなか良さそうなリッチブラックなのですが!

常用は厳禁なのですー...(ノД`)

K100%は1色で済むのですが、リッチブラックはCMYKの4色掛け合わせで印刷をするために、印刷の際にズレが起こりやすく細かい文字や細い線には不向きだったり、CMYKの数値の合計が300%を超えると、インクが乾かず裏うつりなどのトラブルの原因になるみたいです。

例:
C:50 + M:40 + Y:30 + K:100 = 220 ... ◎
C:100 + M:100 + Y:100 + K:100 = 400 ... ×

とりあえず、リッチブラックを使うときは「C:40 + M:40 + Y:40 + K:100」で作成するようにしたほうがよいそうです(*'-')

実際の色見とかは下記の参考サイト様をご参考にしてください

今回の件、印刷工程とか知ってる方には、初歩だろー!
とか言われそうなんですけどね(・。・;)

猫もそうなんですけど...

いきなりフォトショとかイラレみたいなソフトから入った人で、WEBから業界の門をノックした人には、結構知らない知識じゃないのかなっと勝手に思ってます(笑)

■参考サイト

◎Adobe Illustratoデータ作成の注意点[スミベタ/リッチブラック/4色ベタについて]
http://www.wave-inc.co.jp/data/illustrator/black.html

◎完全データをお作りいただくための印刷基礎-印刷通販プリントパック
http://www.printpac.co.jp/contents/technicalguide/kiso.html

ーー

あと最近のBGMに流してる動画でも('Д')b

まータグにもあるんですけど!
ちょうちょさんの歌声って耳が幸せになりますにゃ〜(/ω\)

最近はちょうちょさんづくしの様な気がする...

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL; http://mtw.cocotte.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/610
このエントリーのリンクURL: http://mtw.cocotte.jp/blog/diary/scribbling/2010/11/04-1905.php

Comment