2009 Nov 02

実家に帰ったときに長門・南田夫妻のドキュメンタリーを両親がみてたので、一緒にみてた。
まー途中からなんですけどね(;´ρ`)

この番組以前にも放送されてて、
南田さんが病院に行きたがらずに過ごしていたのだけど、やっと病院行くっていうところで終わったのかな。

今回は先月お亡くなりなるまでの放送でした。

いやー前回の放送で見る限りは、

認知症は治らないモノと思っていたのですけどね...

それが、ふつうに治ってたんですよ!
昔の記憶を取り戻しているだけでなく、感情もでてきたのかな?
表情も穏やかでしたのに...

無念のクモ膜下出血で再入院。そして帰らぬ人に...

長門さんが、亡くなった南田さんの病室で呼びかけてるところで、ホロホロ(ノД`)

だんだん記憶が薄れていく『認知症』。

これさ...人ごとじゃないさ。誰にでも発症する可能性がある。

記憶って、人と人とを繋げる為のモノだからー
自分でも家族でも知り合いにでもこの症状が起きたらって考えたら恐怖やね...。

ご冥福をお祈りいたします_(._.)_

YouTubeに、この番組の動画ないかなーって捜したら、消された後でした。
うーん、残念。

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL; http://mtw.cocotte.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/474
このエントリーのリンクURL: http://mtw.cocotte.jp/blog/diary/scribbling/2009/11/02-2245.php

Comment