2009 May 11

こんばんは。結希猫です(´ー`)ノ

ネット関係に詳しい人はご存じの言葉だと思うのですけど、
「CAPTCHA認証システム」が、MT4に標準搭載されていましたので使用してみることにしました。

簡単にいうと、アクセスする際に画像とかで表示されている数字やアルファベットを入力してくださいっていうアレです!

設定方法は、

MovableType管理画面から、「 設定 」→「ブログの設定」→「登録 / 認証」をクリック。
「認証なしコメント」にチェックを入れ、「設定保存」します。

左側のメニューにある「コメント」をクリック。
「表示オプション」の、CAPTCHAプロバイダの項目を『 MovableType既定 』で選択して、設定を保存。

これで再構築すれば、デフォルトなら表示されます(´ー`)
ブログ記事内のコメント部分で、デフォルトの情報を消しちゃった場合は、コメント投稿エリアに

<$MTCaptchaFields$>

を追加すれば使用可能なハズ......

って...アレ

CAPTCHAプロバイダがありません。Image::Magickがインストールされているか、またCaptchaSourceImageBaseが正しく設定されていてmt-static/images/captcha- sourceにアクセスできるか確認してください。

コメント設定の箇所が、
この注意書きが何度やってもデヤガリヤガルZeeeeーヽ(;´Д`)ノ

なにがおかしいんだろ...
とりあえず、ググってみますか...

...

ふむふむ。なるほど。
おー意外と同じ症状が出てる人いるんじゃん

ちょっと分かり難いサイトさんもあったのですけど、
いろいろまとめてみるとこんな感じ(・ω・)

まずは、MT4の場合「システムメニュー」→「ツール」→「システム情報」で、「mt-check.cgi」にアクセスした内容が表示されます。
ここで『Image::Magick』がインストールされているか確認します。
ロリポップは、インストール済みです。

この次に、mt-staticフォルダ → imagesフォルダ → captcha-sourceフォルダ内の画像ファイルに直接アクセスして表示されるようでしたら、MT設定の「mt-staticフォルダ」の場所をちゃんと読んでないので、読むようにmtフォルダ内にある設定ファイル『mt-config.cgi』の一番最後の行に下記のコードを記載します。

CaptchaSourceImageBase /home/アカウント名/www/mt-static/images/captcha-source

URLに関してはアクマでサンプルで、http://...じゃなくてサーバ側の絶対パスの入力になります。
MTの公開設定の中にアドレスがあると思いますので、こちらを参照のこと(*'-')

ちなみに、ロリポップだとこうなります('◇')ゞ


#======== CAPTCHA =======================

CaptchaSourceImageBase /home/sites/lolipop.jp/users/アカウント名/web/mt-static/images/captcha-source

これで、猫の環境下ではCAPTCHA認証が使えるようになりましたヽ(´ー`)ノわふー

2009_0511_01.gif

これで迷惑コメントが減ると良いんですけどね(´д`)
なにかのお役に立てれば幸いです(*'-')b

今回の参考サイト様

◎ロリポップ!レンタルサーバー - MovableType4系スパムコメント対策
http://lolipop.jp/?mode=manual&state=blog&state2=spam_mt4

◎MTのコメント設定 CAPTCHA 認証: プロバイダがありません? - Hiro Imafuji Dot Com
http://www.hiroimafuji.com/2009/02/mtcaptcha.php

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL; http://mtw.cocotte.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/405
このエントリーのリンクURL: http://mtw.cocotte.jp/blog/diary/mt/2009/05/11-2235.php

Comment